English Vitamin Method

最小限の語彙で最大限の効果

一生使えるアメリカ英語を習得

小学生のための英語イマージョンプログラム

英語の幼稚園卒園児童でフォニックスを習得されているお子さんは、ドルチェワードストーリーからはじめます。

日本語の幼稚園卒園児童は、フォニックスから丁寧にはじめます。英語体験ゼロのお子さんは小学2年生4月までの入塾となります。

 

315 Dolch Word-Basic Vocabulary Words

315単語のドルチェワードは3〜8才の絵本、児童文学書の約7割の語彙をカバーしています。

イングリッシュビタミンメソッドでは、オリジナルのドルチェワードストーリーを楽しく読みながら意味のある文脈のなかで語彙力をつけていきます。単語帳や単語リストでは、英語とその単体の意味しか覚えることができないので英検用の短文語彙テストでは生きてきますが、本物の深い読解力を身につけていくには不効率です。

まずはこのドルチェワードをすぐにみて読むことができ理解することができればどんどん英語圏の名作が読み込めるようになり、本の好きなお子さんはすぐにフォニックスで習った音と綴りを合わせてきれいなネイティブの英語でリーディングアラウド(情緒たっぷりの音読)ができるようにあります。

315 Dolch Word-Basic Vocabulary Words

Our Book Selection

1/1

Phonics

英語の音と綴りを重ねて一気に読める語彙を増やします。

Hooked on Phonics©

315 Dolch Word-Basic Vocabulary Words

315単語のドルチェワードは3〜8才の絵本、児童文学書の約7割の語彙をカバーしています。

イングリッシュビタミンメソッドでは、オリジナルのドルチェワードストーリーを楽しく読みながら意味のある文脈のなかで語彙力をつけていきます。単語帳や単語リストでは、英語とその単体の意味しか覚えることができないので英検用の短文語彙テストでは生きてきますが、本物の深い読解力を身につけていくには非効率です。

まずはこのドルチェワードをすぐにみて読むことができ理解することができればどんどん英語圏の名作が読み込めるようになり、本の好きなお子さんはすぐにフォニックスで習った音と綴りを合わせてきれいなネイティブの英語でリーディングアラウド(情緒たっぷりの音読)ができるようにあります。

Our Book Selection for Reading and Drawing

 

Reading

イングリッシュビタミンメソッドで使用する絵本や児童文学書は世界のエリート層であれば誰でも幼少期に読んでいる名作です。自分になる大切さを教えてくれます。自分の好奇心をたどって追求していくと素晴らしい世界の扉がどんどん開いていくことを登場人物を通して、ストーリーを通して教えてくれます。人間の優しさやはかなさをストーリーを通して教えてくれます。世界に出て行き、グローバルな世界の住人になりたいのであれば、「自己実現」を視野にいれた教育が必要です。また、英語圏のゲームのルールやマナー、すなわち、思想や哲学、真善美を理解することが大切です。キーワードで言えば、Wisdom, Love, Courage, Self-Control, Justice, Forgiveness, Friendship, Gratitude, Integrity, Vulnerability, Hard Work, Curiosity, Logic and Faith。目指すは人間性の開花。心も頭脳も体も全て満たされた人生を目指します。パーソナルなことは日本では教えてくれない。現在アメリカの大学に留学中のイングリッシュビタミンの卒業生がよく言う言葉です。イングリッシュビタミンが厳選した課題本には人間性を開花するための生きかたのお手本が溢れています。自由と規律を学び自由に自分の生きる場所(大学も職場も)を選べる人になるためにイングリッシュビタミンでは、課題本を読み込んでいます。

Drawing

子供達たちは、それぞれさまざまな思いでお絵かきをしています。課題本の挿絵を丁寧にていねいに集中して描く子もいれば、電車通学で疲れてきてそこから気持ちを勉強に切り替えるためにリラックスするために絵を描く子もいます。それから課題本とは全く関係のない絵を描いたりする子もいます。笑 お絵かきはその子の心のなかの感性を私たちに見せてくれます。絵本や児童文学書のストーリーの世界を自分の世界と合体させて描くのでその子のクリエィテビティが高まります。70億人の世界人口のなか、僕はひとりだけ。私はひとりだけ。同じ挿絵をかくのでも白黒の子もいれば綺麗な色合いを使える子もいます。同じ牛を描くにも品格のある柔らかな牛を描く子、

頬がこけているユーモアたっぷりの牛を描く子もいます。ユニークな自分のお絵かきを通して自分軸を持つ楽しさをお絵かきは教えてくれます。全ての答えは自分の中にあるのです。21世紀の世界は、人の気持ちを理解し共感する力、それを言語化できるコミュニケーション能力、自分軸を持つ知的富裕層が輝く時代です。

1/1

Our Original Worksheet

 

Dictation

現在読んでいるチャピターからのディクテーションを毎回のレッスンで行っています。ネイティブの先生が読み上げる文章をそのままノートに書き出していきます。明確に英語の音と単語の綴りが合えば、自分が英語を読むとき、話すときに綺麗な同じ音で出来上がっていることになります。子供たちはディクテーションをゲーム感覚で真剣に集中して、楽しんでいます。目で英語の本を読み、耳で英語を聞き、手で写経し本文を書き写し、ディクテーションの練習で英語の音とスペルを書き文章を書き、この全てのプロセスを重ねることで、レッスン中に行われるワークシートの答え合わせで直ぐに正しいスペルが書けるようになります。wrappingなどの大人では直ぐに聞き取れない(何年経っても聞き取れない)音やスペルが小学低学年であれば比較的すぐに聞き取れるようになります。年令に合わせた絵本や児童文学書の文脈として正確に意味が取れるまでは小学一年生の四月に英語ゼロではじめて一年半〜二年くらいかかります。イングリッシュビタミンメソッドは心技体の全てを使いながら経験することによりアメリカ英語を身につけていくプロセスです。

 

Copying-Present Tense, Past Tense

現在読んでいるチャピターからの自分の好きなパラグラフを選び書き写します。その後そのパラグラフに登場する全ての動詞の時制を過去形から現在形に書き直します。英語の品詞のなかで一番大切な「時」を表す動詞の動きを明確におさえる訓練をします。

1/1

Our Original Worksheet

Comprehension Questions

子供たちがしっかりと本を読めているか内容の理解度をはかるための質問です。

 

Critical Thinking Questions

以下の問いは、オズの魔法使いからのワークシートからのものです。

Q:  If you were in the Tin Woodman's position, how would you have saved the Queen of the Mice?

あなたがティンウッドマンだったら、どのようにしてthe Queen of the Miceを助け出しましたか?

​多様な視点を通してある状況を観察し自分ならどうするかというある意味真逆の思考を求められるクリティカルシンキング。いつでも相対的に物事を見ることができるように将来大人になった時に真理の追求ができるように訓練をしています。多様な視点を持ち様々な考察を行い真理の追求をすることで自分のしあわせも人のしあわせも人類のしあわせも考える人になれます。

Creative Thinking Questions

以下の問いは、シャーロットウエブのワークシートからのものです。

Imagine you are Charlotte (the spider).  What would you do to save Wilbur's life?  Discuss your ideas with your classmates or ask your parents.

想像してみてください。あなたがクモのシャーロットであると。あなたならどうやってウルバーの命を救いますか?

あなたのアイデアをクラスメートかご両親と話し合ってみてください。

Vocabulary building in a meaningful context

A Paragraph Writing

大学生、大学院生、社会人になった時に英語でのメールやエッセイが効果的に書けるようになるためにパラグラフライティングの練習をしていきます。自分の感情と理性を論旨のある読み手の心に届くエッセイが書けるように小学生から文脈の中で使える英語力を鍛えます。

年長さんの冬か小学校一年生の春に英語ゼロでスタートしても、イングリッシュビタミンメソッドであれば

十分にネイティブの英語力がつきます。英語の基礎の基礎フォニックスから入り、たった315語彙のドルチェ基礎単語を楽しくて愉快で冒険心のあるイングリッシュビタミンのオリジナルストーリーで学び、たくさんの耳コピー、目コピー、口コピー、手コピーでどんどん英語を真似ていきます。子供達は素直なので真似ることが本当に上手です。特に情緒たっぷりに読み上げるリーディングアラウド、ゲーム感覚で英語の音と綴りを書いていくディクテーションが大好きです。世界の英語エリートたちが子供時代に必ず読んでいる英語圏の古典絵本と児童文学書をベースに英語を聞く、話す、読む、書く、英語の世界と思考を楽しむ。大好きなお絵かきを楽しみながら。

英語圏のエリート達は、会ってすぐに上手に仕事に入ったり、高等教育ではクラス内外のアクテビティに参加します。シャイな人もいますが、自分の意見やプレゼンはものすごく上手にします。日本人はなかなか食事をする際に話すネタがないのですが、その際に自分の人となりをすぐにわかってもらえる手があります。それは自分の好きな本や映画、スポーツについて話すことです。イングリッシュビタミンの課題本にもなっているドクタースーズのグリーンエッグスとハム、ピーターパン、ミスランフィアス、ライフストーリー、チャーリーとチョコレート工場、シャーロットウエブ、ナルニア国物語などは英語圏のエリートはみな必ず読んでいます。

私たち教師は、子供達が大きくなったときに、イングリッシュビタミンで読んだ課題本や大好きなお絵かき、私たちと遊んだこと、一緒に本を読んで質疑応答をして、ゲームのようなディクテーションを楽しんだこと、ほとんど何も書けなかった記述式のワークシートにたくさん、自分の意見を書きはじめ、そして、パラグラフライティングができるようになって行ったことをうっすら思い出してくれたらこんなに嬉しいことはありません。

​目指すは、小学校6年間で世界の古典名作絵本と児童文学書を丁寧に読み込むこと。アメリカの小学4年生レベルのイングリッシュランゲージアーツのスキルを身につけること。子供達が高等教育でリベラルアーツの頂点哲学が学べるようになるための基礎アメリカ英語力を指導し仕上げていくこと。

小さな頃に毎週通った大好きな武蔵小杉のアメリカのおじさん、おばさんの家です。

1/1
  • Instagram

©2020 by Musashi Kosugi English Language Arts Academy. Proudly created with Wix.com