K1 Class, February 2021

2021年度生、募集開始

英語のプリスクール、幼稚園、インターナショナル

スクールの年長さん対象

2021年2月から年長さん向けクラスがスタートします。

英語の幼稚園、インターナショナルスクールに通うお子さまで日本の小学校、セイントメリーズ、横浜インターナショナルスクールなどのインターナショナルスクールに進学するお子さまの為のクラスとなります。

1学年に2つのクラスを設けます。日本の小学校に進学をするお子さま向けと

インターナショナルスクールに進学するお子さま向けになります。日本の小学校に進学をするお子さまでも能力値が高く、英語が大好きなお子さんはインタークラスになります。1クラスは、3〜4人の少数制となります。日本人で日英バイリンガルのプロの英語コーチとアメリカ人講師がチームでお子さまの総合英語力を伸ばしていきます。特に高等教育で必要な英語の読み書き、英語のリテラシーを仕上げていきます。

ご入塾をご希望される方は、こちらのメールからご連絡下さい。折り返しお返事致します。12月、1月に個別面談と体験レッスンを行い2月から正式に入塾となります。

https://www.evpersonal.com/contact-1

 

 

年長さんのクラスは、毎年神奈川県の私立小学校のお受験が終わった12月からスタートとなるのですが、今年はコロナ蔓延の影響でアメリカから採用したプロの先生の来日が遅れている関係で2月スタートとなります。新任の先生は、慶應義塾ニューヨーク学院で7年間英語を教えていたロバートデベヌティ先生です。ロバート先生は、高校生の時にロータリークラブの交換留学生として1年間、大学生の時に上智大学への交換留学生として1年間日本に暮らした経験があります。大学ではインターナショナルリレーションズを専攻。大学院では、教育学を専攻しています。上智大学に留学中にイングリッシュビタミンの小さなプロジェクトで出会いました。今回はイングリッシュビタミン専属の英語教師としての来日になります。

以下に去年の年長さんのクラスのブログ記事をご紹介します。クラスの雰囲気を感じてもらえれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.12.26

今年もあと数日で終わります。

令和元年が始まり時代のリセットが始まっています。

私のお教室では今月から新1年生のクラスが始まりました。

去年から開始した12月からの新1年生クラス。

去年よりも今年の子供達の英語力はより早く高くなっています。

これは私たちの指導力もありますが、何よりも子供達が英語の幼稚園で英語の世界を楽しんできたこと、そして、保護者の皆さんが覚悟を決めて子供達を私のお教室に送り込んでくれていることが大きな要因です。

年長さんの子供達は1時間30分のレッスンとブレイクの間中集中しています。

そして思い切り英語の世界を楽しんでいます!

お教室に入ってきて、ご挨拶をして、テーブルについて、すぐに絵本を読み始めます。

全員がリチャード先生の指示に従ってどんどん課題本のThe Polar Expressを読み込んでいきます。英語の本をお友達と一緒に読めるのが楽しくて、楽しくてしかたがないのです。

先生やクラスメートの読み上げる音に沿って文章を指差しで追っていきます。みんな絵本が読みたくて読みたくて自分の番を待ち遠しく待っています。まだまだ、読んでいるところがわからなくなる時もあります。

12月14日の土曜日のレッスンではThe Polar Expressを読み上げるのに40分かかりました。年長さんのみんなは集中して読み上げました。ちなみに1クラスは3名のお子さんと先生の4名で読んでいます。

40分かけて課題本を読み上げた充実感。快感!を味わっていました。そのあとはすぐにブレイクタイムでUNO(カードゲーム)をやり始めた子供達。

当たり前ですが、まだ年長さんなので遊ぶのも大好きで、元気に盛り上がります!

先生のリチャードさんは5才からプロのアイスホッケーになる夢を叶えるために心身ともに鍛えてきたアスリート。体力があります。年長さんのパワーにもバッチリ対応できています。

 

リチャードさんはわたしの出す指導法を忠実にそして確実に彼の教授法に落とし込める本当に優秀な先生です。プロアスリートの世界に一歩手前までいった彼は指導者の指示を確実に実現できるのです。必ずゼロ時点から100まで一人ずつの性格を見ながら子供の気持ちを上手にケアしながらいつも100に持って行ってくれます。

 

本当に信頼できる頼もしい先生です。

そして12月21日の土曜日のレッスンでは、課題本のThe Polar Expressを今度はなんと25分で子供達は読み上げてしまいました!

12月の第一週目の時点では彼らは2割弱読める感じでした。心配する保護者の皆さんをよそに子供達はどんどん英語の音と綴りを合わせ文章を読み始めていきました。

そしてそれだけではないのです!!

なんといきなり予告もなくディクテーションまで始めてみたら、三人とも結構書ける、書ける!

英語の基礎練習は英語の音と綴りを合わせて、まずは1文、全文章書けるようになることです。こうすることにより小さなお子さんは英語の根幹である一つ一つの音、母音や子音、フォニックスを身につけて行きます。

そして愛情たっぷりの優秀なネイティブ教師に読み聞かせをしてもらったりプロの俳優さんの音声を聞きながら絵本を読み英語の世界を楽しみます。

この基礎練習を繰り返し根気よく続けることが本物の英語の習得に繋がります。当たり前ですが、世界に出て行くレベルになるには基礎練習を身につけていなければなりません。アメリカ英語の基礎は、フォニックス、ドルチェ基礎単語315、名作絵本、児童書の多読、多聴につきます。これは質の高いインプットの部分です。

加えてレッスンでのリーディングアラウド、課題本の内容の質疑応答、記述式のワークシートを行うというアウトプットの基礎ルーティーンがあります。

現在小学校2年生のKちゃんは、小学1年生の時に英語ゼロで私のお教室にきました。英語の音と綴り、ドルチェ基礎単語とイングリッシュビタミンのオリジナルストーリー、英語圏の3〜8才が読む絵本や児童文学書とお手製の課題の記述式プリントをお家でもママの助けをかりてやってきました。基礎練習をまだまだ積んでいます。

 

この1年と9ヶ月で現在の彼女はチャーリーとチョコレート工場を課題本とは別に自分のペースで読んでいます。この子は本が大好きなのです。

21世紀、人口知能、IOT時代のリセットが進んでいる今、個人の時代も加速しています。日本のエリートは世界に通じるニューエリートにならなければならない時代です。日本人、海外の人々ともどんな分野の方でも一流の人々と真の友情を結ぶには、深い意見交換が必要です。世界のエリートが時代を超えて読み続けている絵本や児童文学書を子供の頃に楽しみ、大人になった時に自分の好きな本について、自分の好きな登場人物や彼らの友情、愛情、行動、規範、規律、没頭する精神、人間の儚さ、喜びについて自分の考えを語ることで自分の人となりを見せることが可能です。

自分を知り、ユニークな自分になる道を選べるような道をお教室では見せています。自分の考えを明確に適切な言葉を使い表現することで自分に共感してくれる人とつながればいいのです。同じように相手を知り相手の考えをよく聞きながら自分に合う人や仕事、腹心の友を探していくのです。数は少なくていいので本物の友人に出会う。

イングリッシュビタミンでは、絵本や児童文学書、小説を通して自然と子供達が自分ってどんな人なんだ?と考えられるようなワークシートを作成しています。レッスンでもたくさんのクリティカルシンキングや「なぜ?どうしてそう思うの?」という質疑応答を繰り返しています。

一人ひとりの好きな勉強方法も年齢が上がるにつれてはっきりしてきます。英語の音の方が得意な子、読む方が得意な子、書いて覚えるのが得意な子。宿題以外にもいろいろな方法に挑戦して自分の勉強法もそれぞれ作り上げています。

21世紀のニューエリートは、自己実現をして自己超越を果たし、人のため、世のために働ける人です。私のお教室はニューエリートのためのお教室です。

幸福になるには、快楽(楽しいと思える)、意味や目的、没頭という3つの感情が必要になってきます。

幸せになる。しあわせな気持ちを教えるのも私の仕事です。

規律、集中、根気、この3つを育てるもの大変な仕事です。しかし、イングリッシュビタミンに通われているお子さんのママたちやおばあさまたち、パパも!みなさんお家でサポートしてくれています。

学びの本質や本物のアメリカ英語を指導する。一生この子たちの体の中に残る本物の英語を指導しているという自負。

今年も嬉しいことがたくさんありましたが、子供達も先生もママとパパ、ファミリーの皆さまが健康で年の瀬を迎えられること本当にしあわせに思います。

今年もありがとうございました!

​みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください!

 

  • Instagram

©2020 by Musashi Kosugi English Language Arts Academy. Proudly created with Wix.com